求人

サイトマップ

バイトを探して求人広告を見ているとき

可愛い女性

バイトを探すときには大抵無料の求人誌などを大量に手に入れて探し始めます。最近ではインターネットが普及しているので、インターネットも併用して探しています。
今現在は私にはないことなのですが、以前は真面目に1件の求人に応募しては結果を待つなどというかなり時間の無駄になることをしていました。バイトをはじめて探すときにはわからなかったことが多くありました。求人にいくら急募と記載されていても、それが誰でも採用します、などという意味ではなかったということも。
そして、愚かな行為だったのが、求人に応募して面接をしても合否の結果を連絡しない会社やお店など腐るほどあるということを知らずに、ひたすら結果を待ち次のバイトに応募するのを待っていたということでした。
そのようなことをしていてはいつまでたってもバイトなど見つかるはずがなかったのです。求人広告をだしている側も、何人もの応募者の中から数人を採用しているのに、なぜ応募する側が何社ものバイトを面接して採用がわかったときに選択できると思わなかったのでしょう。
本当に当時は、知らないことが多すぎて大変な思いをしました。
今は、バイトを探すような状況にないのですが、今後バイトを探すような事があれば必ず数社に応募した上で自分で一番いいバイトを選択しようと思っています。

求人業界での経験談

私は求人業界とは腐れ縁みたいなもので、今までで何度か求人広告の仕事に携わってきたこともあります。今回は求人のあれこれについて綴っていきたいと思います。 十二、三年くらい前は本屋さんに行くと、有料の分厚い求人誌が売っていました。今では殆どがネットに移り、製本されたものだとコンビニなどで無料で配布されているフリーペーパーくらいしか見かけません。 無料で配ってお金になっているの?と…

ずっと派遣社員として働いています

私が大学を卒業した時は、世間の就職状況は最悪で、超氷河期でした。三流大学、文系、女子は就職先が決まらない人が大半で、就職先が決まった人は裏切り者と呼ばれるくらい就職難でした。 私も就職ができなかったので、職歴がなくても働ける、という新卒派遣として働くことにし、それ以来ずっと働く時は派遣社員として働いています。 色々な派遣会社を利用させてもらい、色々な会社に派遣されてきました。…

TOP