最近はネットで簡単に充実した工場の求人情報を検索することができます

求人募集の表現からわかることとは

ネットでの求人広告を見ていると、気づくことがあります。その募集ページで採用側が想定する求人層のアピールを、いかに工夫しているかということについてです。何となく全体的に醸し出す雰囲気で、その求人が若年層をターゲットとしていることがわかる場合もあります。また即戦力となる、ある程度のスキルを持った人を求めている場合などは、資格や条件に書かれていることもありますが、年齢や性別に関してはそのような表記をしてはいけないことになっているため、これが応募者からすると逆にわかりづらいのです。年齢などで差別してはいけないからといって、実際には望んでいない年齢層の応募者を、現実に採用してくれるわけではありません。結局、そこに矛盾が生じることになり、かえってムダな応募をしてしまう可能性が増えるだけと感じることもあります。そのような場合には、募集広告でも「20~30代活躍中」などといった表現でそれとなく想定ターゲットを匂わせているケースもあり、むしろその方が採用側の意図がわかりやすく助かります。他にも何とか応募者を集めようと、いろいろ工夫した表現が見て取れるので、応募者側はその意図するところを考えてみると良いかもしれません。